S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
スイゼンジノリ、「早急に対策」 上江津湖で調査
(熊本日日新聞より)
国の天然記念物に指定されている熊本市の上江津湖の「スイゼンジノリ発生地」で、スイゼンジノリがほぼ絶滅しているとの指摘を受け、文化庁と熊本市教育委員会は二十九日、現地を調査。発生地内にある保護区の一部を囲って水量を増やしたり、必要ならば井戸を掘ったりするなど、早急に対策を取ることを確認した。

絶滅寸前になって慌てて対策を施してもあまり意味はない気がします。

そもそも私たち人間が次々と自然を壊していったことが、
このような事態を招いているのであって、
それをまた人間が食い止めようとするなんて、
自分で家に火をつけておきながら慌てて水をかけるようなものです。

第二のスイゼンジノリを出さないためにも、
絶滅しそうな品種に関してはもっと早めに対策を施して欲しいものです。

【推奨ブログ記事】
江津湖へ行く
(コウシキモドキ)
江津湖の主か 巨大スッポン
(熊本・くまはんだより)
江津湖の文学碑散歩(10)
(熊本Webパソコン講座)
自然環境 | comments(20) | trackbacks(260)
県内に大雨 各地で土砂崩れ 1人死亡、5人けが
(熊本日日新聞より)
九州北部付近に停滞する梅雨前線の影響で、県内は二十六日未明から断続的に雷を伴った猛烈な雨に見舞われた。上益城郡山都町では二カ所の土砂崩れで一人が死亡し三人が重軽傷、各地で家屋の全半壊、床上・床下浸水、道路の通行止めなどが相次いだ。

500人を超える死者・行方不明者を出した「六・二六水害」から
53年目を迎えたこの日に、熊本を豪雨が襲うというのも何か因縁を感じます。

昨年の夏には、福岡発ホノルル行きのJALウェイズ機が火を噴き、
その破片が福岡市内に散乱するという事故が起きましたが、
それも20年前に日航機墜落事故が起きた日と全く同じ日の出来事でした。

大きな災害や事故というものは時間が経てば風化してしまうものですが、
それを忘れさせないよう、天が警告を与えているのかもしれません。

【推奨ブログ記事】
熊本は大雨洪水警報発令中
(エコシステムブログ  森の贈りもの)
6.26水害
(浜野 巌治)
6・26 熊本大水害
(熊本の自然情報)
自然環境 | comments(3) | trackbacks(59)
産廃処分場 水俣市で建設阻止決起集会
(熊本日日新聞より)
水俣市長崎に民間事業者が計画する産業廃棄物最終処分場問題で、同市と市民団体などでつくる「産廃阻止! 水俣市民会議」は二十五日、初めての市民総決起大会を開いた。市民千二百人が参加して「建設反対」を決議。大会後は市内をパレードして処分場建設反対を訴えた。

水俣市は「水俣病」という負の遺産から立ち直るために、
「環境モデル都市」となることを目指し、
日本でも最も厳しいといわれるゴミの分別をはじめとして、
市民一体となって地域の環境の再生に取り組んでいるわけです。

その地域に対して環境破壊の源となる産廃処分場を建設するとは、
これはもう嫌がらせ以外に考えられません。

この事業者は、(株)IWD東亜熊本という産廃処理業者なのですが、
たまたま水俣の山奥に容易に買収できる土地があったという理由だけで、
環境再生に取り組む人たちの心を踏みにじる行動をとろうとしているわけです。

海の公害からようやく立ち直ろうとしているのに、
今度は山から新たな公害を武器に攻め立てようとするとは、
きっとこの処理業者には、いつの日か天罰が下ることでしょう。

【推奨ブログ記事】
水俣に産廃とは!
(あしあと)
水俣のニュースに思う
(立ち帰るべき記憶。そのための記録。)
水俣に産廃はいらない
(テルセキの自由広場)
自然環境 | comments(0) | trackbacks(0)
海水浴場 県の水質調査で適17カ所、可2カ所
(熊本日日新聞より)
海水浴シーズンを前に、県は二十日、県内海水浴場の本年度水質調査結果を公表した。年間五千人以上の利用が見込まれる十九カ所(前年度二十三カ所)のうち、十七カ所が「適」で、二カ所が「可」だった。

水質が最も良い「適AA」の評価を受けたのは、
茂串、鶴ケ浜、芦北マリンパークビーチ、御立岬公園の4ヶ所だそうです。
いずれも人気があって、人がたくさん訪れる場所ばかりです。

海水浴場に限らず、例えば人気があって客の多いレストランほど清潔であるし、
逆に日曜の昼間でもほとんど客のいないお店ほど、汚れきっているものです。

ただ、水質は素晴らしくとも、
更衣室やトイレに関してはどこの海水浴場もあまり清潔だとは言えません。
今度は海水浴場のトイレ・更衣室に関する調査もして頂きたいところです。

【推奨ブログ記事】
コバルトブルー茂串海水浴場(天草下島)熊本のビーチ海
(Favorite Sports)
牛深もいよいよ海開き♪
(熊本県天草市・牛深 Infomation♪)
タンクマ夏号2006に!!!
(ゆるっと人生)
自然環境 | comments(4) | trackbacks(4)
ライトダウン 全国一斉に 熊本でも
(熊本日日新聞より)
地球温暖化防止のために二酸化炭素を削減しようと、環境省などの呼び掛けで十八日夜、全国約三万八千カ所の名所や店舗などが一斉にライトダウン。県内でも百二十三カ所でネオンや看板の明かりが消された。

このような取り組みはけっこうなことではあるのですが、
たった1日、それも数時間だけ実施しても意味がないような気がします。
コツコツと年中通して続けてこそ価値が出てくるのだと思います。

ダイエットしたいからといって、年に1日、夕食だけ控えたとしても、
まったく効果が出ないのと同じことです。

逆に、看板の照明を消したがために売上が多少なりとも減ったお店は、
それを挽回しようと次の日からはいつにも増して明るく看板を照らすという、
リバウンド効果が起きかねません。

【推奨ブログ記事】
地球温暖化防止に大切なことは
(エコシステムブログ 森の贈りもの)
もったいない!
(岩本好美の消費生活アドバイザ−日記)
夜間に電気を消しても・・・
(Aの日記)
電気を消して、スローな夜でしたか?
(KENKOU_BLOG)
自然環境 | comments(4) | trackbacks(2)
県内、8日の梅雨入り以来のまとまった雨
(熊本日日新聞より)
朝鮮半島付近の低気圧から延びる前線の影響で、県内は十四日夜から十五日午前中にかけて全域に雨雲が広がり、八日の梅雨入り以来、初めてまとまった雨が降った。

今年はちょっと空梅雨ぎみのスタートですが、
こういう年はえてして梅雨の期間が長引くものです。

何年か前でしたか、8月の始めまで雨天の日が続いて、
結局、梅雨明け宣言がなされないという年がありましたね。

聞くところによると、
温暖化の影響で未来の日本は8月に入っても梅雨が続くことが
当り前のようになるとのことです。

【推奨ブログ記事】
熊本市の良さを全国にアピールするチャンス!
(熊本では、はたらきたくない社長のblog!)
梅雨の季節を迎えて
(熊本県議会議員・ひむろ雄一郎の活動日誌)
おじさん、梅雨にはいっちゃった
(おじさん日記by宙虫)
自然環境 | comments(0) | trackbacks(0)
光化学スモッグ 熊本市に初の注意報発令
(熊本日日新聞より)
県は七日午後一時五十分、熊本市に設置している測定局五カ所のうち一カ所の光化学オキシダント濃度が基準値以上になったとして、大気汚染防止法に基づき光化学スモッグ注意報を発令した。熊本県での注意報発令は観測史上初めて。注意報は三時間二十分後に解除されたが、少なくとも二人が目の異常を訴えた。

大雨注意報や強風注意報なら対処のしようもありますが、
いきなり光化学スモッグに注意せよと言われましても、
聞き慣れていない熊本人には、なかなかピンと来ないのが実情であります。

都会特有の公害である光化学スモッグですが、
これで熊本市も政令指定都市へ向けて一歩前進といったところでしょうか。

【推奨ブログ記事】
光化学スモッグ
(らくだの行動記録)
都会の仲間入り
(503号室異状なし)
九州で光化学スモッグ 支那の大気汚染影響か
(支那大陸 本日も反省の色無し)
自然環境 | comments(10) | trackbacks(57)
| 1/1PAGES |