S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
<< 熊本市で違反広告物の一斉取り締まり | main | ロッソ、逆転で10勝目 アローズ北陸に2―1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
「生人形展」開幕 熊本市現代美術館
(熊本日日新聞より)
幕末から明治にかけて一世を風靡(ふうび)した生き人形を中心に近代日本の民衆芸術を紹介する「反近代の逆襲2〜生人形と江戸の欲望」展が二十四日、熊本市上通町の市現代美術館で始まった。市、市美術文化振興財団、熊日、熊本放送主催。十月二十二日まで。

2年前に開催された「生人形展」を私は見に行ったのですが、
今にも動き出しそうな人形の迫力に圧倒されたことを覚えています。

ついつい稲川淳二氏の怪談話「生き人形」を思い出してしまい、
恐怖と感動がない交ぜになる不思議な感覚にとらわれたものでした。

稲川淳二 生き人形 IKI-NIGYO<最 恐 傑 作>  怪談

美術館というと素人にはなかなか行きづらいところであるのですが、
この「生人形展」に関しては美術に対する知識が全くなくとも、
娯楽施設に行くような感覚で楽しむことができると思います。

【推奨ブログ記事】
美術館をめぐる旅 その2(熊本市現代美術館)
(ひとひらのことのは)
安本亀八−Kamehachi Yasumoto
(Hugo Strikes Back!)
「見世物見物」は楽しいよ・・・。
(小倉っ子日記)
文化観光 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kumamotoken.jugem.jp/trackback/28
トラックバック